【3分でわかる!予約数を増やしたい方必見!患者様に選ばれるためのマーケティング〜web編〜】

歯科業界は現在、患者数減少、競合増加

現在、歯科医院の数は約70,000件。
今後も医院数が増えるのは必至です。
競合が増え続けると、一医院あたりの患者数も減少していきます。そして、人口の減少に伴い、さらに患者数は減少していきます。
そこで今回は、患者様を取り逃がさないための「患者様に選ばれる施策」をお教えします。

webは【露出→見せ方】の時代へ

歯科医院に、競合が増えたように、ホームページも今や競合過多になっています。

数年前までは、ホームページで集客することに最も必用なことは「露出量」でした。
例えば、GoogleやYahoo!の検索結果で1位になれば、患者さんは殺到していましたが、今は変わりつつあるのです。

膨大な情報量


一医院一ホームページは当たり前になり、専門サイトを持っている医院も珍しくなく、その他にも、EPARKやドクターズファイルなどのポータルサイトも、この5年あまりで急激に増えました。
検索結果が良いだけでは、患者様が集りづらくなったのは情報量がこの5年で圧倒的に増えたためです。

 

多くの情報の中から、選ばれるには?

情報が増えると、人は「比較して選びたい」と考えます。
例えば、家電を買いに行ったとき、たくさんの商品の中から
目的のものを選ぶと思います。

仮に、お目当ての商品を購入する気持ちで量販店に行ったとしても、
違う商品を購入したり「いいな」と思ったりすることがありますよね?
これは家電に限ったことではないと思います。
服を買うとき、飲食店を探すとき、美容院を決めるとき、
あらゆる決断をするとき、人は「比較・検討」します。
特に「付き合いが長いもの」になればなるほど、比較・検討する時間も増えていきます。

同じことが歯科医院選びでも起きているのです。

 

比較・検討する層の取り逃がし

口コミや、広告でクリニックを知った患者様の多くは、すぐに電話したり予約するわけではありません。
一度、その医院の情報を調べます
例えば、お店選びに悩んでいるとき「このお店すごく良いから、行ってみて!」と紹介されても、何の情報もないまま予約はしませんよね?
一度調べてから、予約すると思います。
患者様も同じです。一度、調べてから予約するのかを決めています。

では、仮に紹介されたお店を検索したときに、料理も雰囲気も何も伝わらない情報だったとしたら、どうでしょうか?
予約しようとは思いませんよね?
ここで、お店側はお客様を取り逃がしていることになります。

 

まとめ

露出を増やすことはもちろん大切ですが、どれだけ露出を増やしても、比較したときに選ばれる情報がないと、多くの患者様を取り逃してしまいます。
ここが、この5年間で大きく変化したポイントです。

無料ダウンロード事例集はこちらから

☆残席僅か!10/26(木)の無料セミナーにて、上記の内容をより丁寧にご説明します。気になる方はこちらから!

 

 

【3分でわかる!予約数を増やしたい方必見!選ばれるためのマーケティング〜web編②〜】

選ばれるためには?
一般企業であれば、まず、差別化や強みのアピールを考えます。
歯科医院の差別化や強みの場合であれば、実績や、キャンペーンや、患者様の体験談などが多いと思います。
しかし、こういった情報は医療広告ガイドラインで禁止されています。
つまり、一般企業のように、自由にアピールができない状況下にあるということです。

1サイトの閲覧時間が減っている!?

便利なものを好み、時間が掛かることを嫌う傾向にある現代人の一サイトの閲覧時間はどんどん減っています。
みなさんが使用されているfacebook・インスタグラム・LINEなどのSNS。SNSが流行っている要因の一つとしては、時間がかからないことが挙げられます。
すぐに投稿・メッセージを送信でき、
受け手は、何の投稿・メッセージなのかが一目でわかりますよね?
それに加えて、写真やスタンプなどで情景や気持ちを読み取る時間はさらに減少します。
このように、ネット業界でも「時間が掛からない」ことは、ヒットするに欠かせない要因となっています。

では、歯科医院を選ぶ患者様の場合はどうでしょう?

 

 

歯科医院を選ぶときの行動

患者様は、いくつかの医院を比較・検討する時点で、時間がかかっています。だからこそ、一院ごとにサイトを見る時間も短くなってきているのです。
つまり、サイトに流入してきた時の「見せ方」が勝負ということです。
もちろん、一度クリニックに訪れた方が、2回目また来てくれるかは、
先生方の技術や専門性・コミュニケーション・スタッフ様の接遇などによって決まると思いますが、
まず最初に選ばれるかどうかは「印象」で決まるのです。

 

患者様に選ばれる「見せ方」3つのポイント

患者様に選ばれる見せ方や良い印象を与えるには、
「市場」「競合」「特徴」の3つのポイントが重要です。

つまり【患者様が求めていて、競合がやってない、クリニックの特徴を生かした見せ方がベスト】ということです。

■ 市場の捉え方
 患者様が、何を求めているのかを理解することが必要です。
先生が必要だと思っている情報と患者様が求めている情報には相違がある場合もあります。
例えば、医院側はインプラントを推したいがために、インプラントの情報ばかりを配信しているが、実際には、インプラントのニーズはなく、矯正の方がニーズが高いというようなことです。

ここで失敗してしまうと、満足がいくデザインのサイトを作成しても、 患者様から選んでもらえないので、非常に勿体ないのです。
まずは、地域の患者様が何を必要としているのかを考えて情報を配信しましょう。

■ 競合の捉え方
ウェブ上の競合医院を把握することが必要です。
患者様が「◯◯(地域) 歯医者」で調べた時に、自院が掲載されている検索ページに、表示される歯科医院がウェブ上での競合医院です。
よくある間違いとしては、近隣の医院を競合だと思っているケースです。実際に検索してみると、近隣医院が表示されない場合もあります。先生が競合だと思っている医院が必ずしも競合とは限らないことが多いです。

■ 強みの捉え方
多くの患者様にとって、歯科医院の強みは、治療項目の多いことや技術の差のことではありません。
「夜間」「土日診療」「(駅や家から)近い」などの利便性や「院内が綺麗そう」「先生が優しそう」といった医院や先生の雰囲気が患者様にとっては大きな強みになってきます。

まとめ 

露出をどれだけ増やしても、見せ方や印象の工夫をしなければ
効率的な集客はできません。
他院と比較・検討されたときに、自然と選ばれるホームページがあってこそ、色々な施策が反響に繋がります。

 

 

お問い合わせ・ご相談まずはお気軽に
お電話またはフォームよりご相談ください

メールでのお問い合わせ

下記フォームよりご記入ください

お電話でのお問い合わせ

本社お問い合わせ担当

資料請求webマーケティングの
成功事例集

お客様導入事例をご紹介

無料で資料をダウンロードいただけます